見つける・つながる♪いやしの祭典サテライト会場富士河口湖

一般社団法人地域女性活動サポートラボ代表理事のすぎもとかおるです。

私が加盟校として資格取得講座を開講している日本アロマコーディネーター協会の感謝祭として企画しました
いやしの祭典サテライト会場富士河口湖が無事に終了いたしました。

テーマは自然の中で、見つける・つながる・五感で感じるあなただけのメッセージ

このテーマ通りになったのでは?と思っています。

開催報告とお礼は私のサロンのblogにてさせていただきました。

このイベントを経験してみて、自分の原点を思い出し、この15年間で本当にたくさんのつながりが生まれたことを実感しました。

何度も言っていますが、19年前知らない土地に来て、何がどうなのかもわからず、どうやって仕事を得たらいいのだろう?
子育てしながら働けるのだろうか?
と考えて、資格を取ったアロマセラピーが15年の時を経て、こんなに素敵な仲間やお客様に囲まれていたことを実感することが出来たことが何よりもの私の心のご褒美です。

こんな私が言うのもおかしいかもしれませんが、何度も言いますが、やりたいことがあるなら、今が一番若いです。

一歩でもどんな形でもいいので、動き出してみてほしいと思います。

でも動き方がわからない時は、サポートラボの企画などに参加してみてください。

サポートラボにはすでに活躍している人もいますし、これからやっていきたいという方もいます。

そして、業種にこだわらず集まれることで、いろんな視点を持つことが出来ます。

仲間になって、あるいは活動に参加していくうちに、方向性が見えて来る方もいます。

これが私が作りたかったコミュニティーの形です。

サポラボが集客してくれるのではありません。

イベントの場を与えてくれるということもありません。

資格認定の協会でもありません。

じゃあ何があるの?

そこには「人」そして生まれるつながりです。

情報の提供や方法、心の整理法など、お伝え出来ることはいっぱいあります。

でも、ノウハウコレクターになるのではなく、得たものをすぐに素直に実践することが出来る人が伸びていく人だと私は思います。

そして、伸ばしていける場があること、それがサポラボの存在意義です。

19年前、お客様に出会うことなんて想像も出来ませんでした。

インターネットもSNSもここまで普及していませんでした。

振り返ると、地道なイベント出店やサークル活動などで出会ってくださった方がいらしてくださる、そんな素敵な循環が生まれ、15年やってくることが出来ました。

今は誰とでもつながれて、拡散できる時代の一方で情報過多になり、なかなか選ばれにくい時代とも言えます。

だからこそ、自分の中心に何があるのか?
を確認しながら、自分のスタイルを見つけて仕事や活動を継続していくことが大切だと感じています。

話は変わりまして。

今回、いやしの祭典サテライト会場富士河口湖を開催するにあたり、河口湖南岸エリアプロジェクトさまのご厚意で協賛していただくことが出来ました。

この場を借りて厚く御礼申し上げます。

ハッピーデイズカフェさんを貸し切ってのふじわらあやこさんのセミナーを開催出来まして、ランチも大変好評でした。

また、ハーブ館さまの2階のワークショップスペースをお借りしてイベントを開催し、ご来場の方は観光客、外国の方、地元の方など含めまして、たくさんの方にご来場いただきました。

また、JAA会員の特典として、ミューズ館さまには入館チケットをご提供いただくなど、たくさんお世話になりました。

サポートラボは、「地域の人材は地域で地産地育」を理念に地域貢献活動もしています。

協賛していただいたことを大切に、これからもご縁のある地域や団体様、企業様、そして、地域の皆様などにも喜んでいただける内容を企画してまいりたいと思います。

関わってくださったすべての皆様、イベントを見つけていただき、つながりを感じていただき、本当にありがとうございました。

サポートラボの活動を少しペースダウンしてまいりましたが、イベントも無事に終了したので、ここからは来年度に向けて企画立案していこうと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る