コスト意識を持つ、ということ。

サポートラボ代表理事のすぎもとかおるです。

先日、サポラボメンバーの飯田秀実さんが主催された今日は甲府で開催された
「今から考えつくおくと安心!結婚・子育てに必要なお金の講座~女性ホルモンのお話とティータイム付き~」
のお手伝いに行ってきました。

たくさんのママたちが参加してあっという間の2時間でした。

講師の岡本先生から学資保険の話を聞いて、時代は変わったなぁと感じたり、今からでもお金に関する守る、増やす、蓄えるためにできることはまだまだいっぱいあることも実感しました。

秀実さんのホルモンバランスのお話に、いろんなタイプがあることを知り、それに合わせたセルフケアもちゃんとしなくては!と反省中です。

女性ホルモンに良い黒豆茶もおいしかったです~。
タイプ別アロマもあるそうで、11月9日には、そのアロマもご紹介してくださるフォローアップワンコインアロマレッスンと岡本先生の個別相談も開催するそうです。

それにしても、赤ちゃんたちがもう可愛すぎでした💕

抱っこの仕方がママと違ったようで泣かれたり、あやすと、満面の笑みで声をたてて笑ってくれたり、おもちゃで遊ぶといっぱいお話してくれたりと、嬉しくなるほど(笑)ばあばの気分でした。

私も2年前にお金の講座を開催したことがあります。
その時に出会えたご縁からいろんなことが広がってとても楽しくてためになる素敵な時間だったな~ということを思い出しました。

コスト意識は身近なところから。

その日、なぜか昨夜から両腕が重く、blog書くのにキーボードに手を置くとプルプルしていて(笑)
おまけにウォーキングに出たら今日に限って膝がギシギシするのかな?
と思っていたら、講座での同室保育のお手伝いで久しぶりに赤ちゃんを抱っこしたからでした。

昨日甲府に行ったのに、なぜか都留にいるよりも知り合いに会うという(笑)不思議な現象に、かつての子育てママ向けの講座をぴゅあ富士でしたことを思い出して懐かしくなりました。
※講座の内容はアートセラピーや羊毛クラフト、バランスボール、アロマ石けん作りなどママが子供と楽しめる内容でこの地域でのイベントの先駆けみたいな感じだったと思っています。

あの時打ち合わせで話していたことが今でも心に残っているので、今日はそんなお話したいと思います。

そのお母さんのための子育て支援という切り口で開催した講座は

「子ども支援も大切だけれど、お母さんのためのことをしよう」

「無料だとしても、どこかで税金や目に見えないコストがかかっていること、あるいはスポンサーがいてくれることを意識しながらママたちの意識を高めていこう」

と話し合ったことが私の中にずっとあります。

そしてその時の担当してくださった先生も、
「あなたたちのしていることはすごく良いことだからどんどんやりなさい」
と後押ししていただいた言葉も今も大切に心にしまって、時々取り出して、感じてみることがあります。

参加する人だって講座に来る時間もガソリン代もコストがかかっていること。

こういう意識を私たちが持ってママたちに伝えていこう、と思ってやってからもう10年の月日が経ちました。

甲府に行った時に、その時に一緒にやろうとお声掛けいただいた溝呂木さんには、スペースもやいのアロマ講座でもたくさんお世話になりました。

「あれから10年も経ったねー!」
とお話出来て嬉しかったですし、あの頃のことをリアルに思い出しました。

今、子育て支援、ママのためのあれこれ、10年前よりも増えました。
こんな話を私のタイムラインに載せたら、つながっていただいている大阪の

NPO「民間ファミリーサポートワーキングマム」の代表である西谷知美さんがこんなことを教えてくださいました。

======
保育園が足りないというけれど、乳児1人預かるのに10万円以上の税金がかかっていることや
雇用者が従業員のお給料以外に様々な負担をしてくれていること、知ってほしいです。
======

とフェイスブックで投稿した内容にコメントをくださいました。

こういったコストがかかっているという意識や啓もう活動は進んでいるでしょうか?

便利だから・・・
無料だから・・・
という観点から見たり利用するだけでなく、想像する力を持つこと。

それは起業にも社会貢献活動にも、もちろん子育てにも大切です。

その想像力があれば、トラブルも起きにくい社会になるのではと思います。

きれいごとかもしれませんが、相手のことを思い、お互いの立場を完全にわからなくてもわかり合おうとすること。

忘れてはいけないな~と思うのです。

考えてみれば、保育園児だった子供たちは思春期に突入。
成長のいつの段階でも、手間暇かける種類や関わり方は変わっても思う気持ちは変わりません。

関わるママたちやお子さんたちも自分の子供と同じように大切に思うこと。

なんて言いながら実際は、自分の子育ては・・・というところもいっぱいあります。

憎たらしいことを言われても、テストの点数がビックリするほど悪くても
学校から呼び出されても(-.-;)y-~~~
顔文字を入れたくなるくらいのいろんな気持ちが入り混じりつつも動じない心構えを学び(笑)
そして赤ちゃんだった頃からたくさんのことを体感しながら母になっていったんだと振り返って思います。

だからこそ、今、日々葛藤しながらでも、伝えていけることがあると感じています。

どんなことにも時間やコストがかかっていることをちょっと意識してみること。

そんな原点をお金の講座で思い出し、振り返ってみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る