女性起業に必要なポイント♪仲間作りって大事!

一般社団法人地域女性活動サポートラボ代表理事のすぎもとかおるです。

女性が起業する時、様々なことを考えますよね。

家族の協力や応援が得られるか?
きちんとした売り上げを上げていけるだろうか?
子どもの急なアクシデントにどう対応するか?

など。

私も本当に多くのアクシデントがありましたし、今でもそれを気にしながらの仕事になっています。

でも!
やっぱり大切なのはリスクを考えて最善策を考えておくこと。

それ以上に大切なのが「仲間」です。

変な話になってしまいますが起業すると、
「好きなことを仕事に出来てうらやましいわ」と言われることが多いもの。

でも実際は、好きなことだけをしているわけではありませんね。
経理、営業、総務、そして実務と一人でやることはとても多く、時にしんどいけれど誰にも言えない・・・ということも出てきます。
そんな時は、お客様に愚痴ることは当然できませんし、家族や友達には「自分で決めたことでしょ」と言われたらとなかなか本音が言えなかったり。
そんな時は、気心知れた「起業仲間」がいるととても心強いです。
更に言うと「同じ学びをした者同士」だと、共通の知識が土台となっていますから、話もお互いに共感しやすく、更にお互いの長所や強みを生かして、コラボやシェアなどが出来るようになり、仕事の可能性が広がります。
今ではフェイスブックやブログなどSNSの普及によって、人と人とがつながりやすくなっています。

つながる時やSNSでの情報発信をする際、注意することはありますが、ぜひ何かを始めたい方は、自分の基礎となるもの(専門分野)を持ちながら「分かち合える仲間」と出会える機会を増やしましょう。
かくいう私も、13年アロマセラピストと講師として仕事をしてきましたが、これまでたくさんの仲間に恵まれてきました。

中でも2011年に起業塾に入ったことは私の転機となり、一気にセラピスト以外の仕事の幅が広がりました。
ここで出会った4名の女性と今でもビジネスパートナーとして一緒に仕事をしています。
その中の一人長谷川なみさんは、サポートラボの理事。
福本恵美さんは、サポートラボの東東京支部になっていただいています!

都内でママフェスタや女性起業家の勉強会などを一緒にしています。

こういうつながりが仕事の基盤を作っていくとも言えるのです。
サポートラボでは、ワンデーコワーキングや起業塾、交流会を通して、仲間と出会う機会を多く作っていきます。

女性にありがちは派閥とかは一切ありません。

仲の良さはあると思いますが、気心知れた仲間を作るという目的でもOKです。

ぜひ一緒に活動してみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る